UVケア・美白と肌のたるみの意外な関係!?

doublechin
アンチエイジングが気になりだす年代の人はたるみやほうれい線で悩んでいる人が大半ではないでしょうか。

たるみやほうれい線ができる主な原因としてはコラーゲンやエラスチンの減少により肌にハリがなくなってしまうこと。また表情筋が衰えることで、肌に弾力をだし支える力もあわせて低下してしまうこと。

また私たちが毎日浴びている紫外線も肌のたるみの要因になることをご存知でしたか?

紫外線を浴びると日焼けして肌が黒くなるのが紫外線のもたらす肌へのダメージだと思っている方が一般的だと思います。
しかし紫外線を浴びるとメラニンが増加し肌が黒くなるだけでなく、たるみを引き起こし、体内に活性酸素が生成されます。

それが真皮にあるコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまう原因となります。
また同時に肌の脂質が過酸化脂質というものに変化して肌が正常に働く機能を壊してしまうのです。

たるみは加齢や表情筋の老化から起きるものだと考えている方はUVケアもしっかりと取り組むことでワンランクアップした美白プラスたるみケアを目指すことが出来ます。

夏などの日差しの強い時期だけでなく、1年を通してUVケアを入念に行うことで、シワや美白対策だけでなく、将来の「たるみ」予防にもつながります。

そこで日焼け止めの選び方を紹介します。

日焼け止めの賢い選び方

日焼け止めの賢い選び方とは季節と行く場所によって、適切なSPFとPAを選ぶことです。

日焼け止めも長時間肌につけていると肌への負担にはなります。またSPFが高いものやウォータープルーフタイプのものは肌への負担が大きくなることを考えたうえで自分に合ったUVケアを選ぶようにしましょう。

紫外線が強くない時期に真夏のアウトドア用のSPF値が高いものを使う必要はないと思います。

次に決めることはテクスチャーとなります。
通常のUVケアにはクリームタイプ、乳液タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプ、パウダータイプなど色々あります。これは自分の好みに合わせて選ぶので問題はないと思います。しかしファンデーションもリキッドタイプよりパウダータイプの方が肌には負担がかからないのと同様パウダータイプはお肌への負担は軽減されると思います。

skincaregirl

紫外線対策、美白ケアもばっちりしているけど、それでもたるみが気になるという方はたるみケアの美顔器がおすすめ!

たるみケアにおすすめの美顔器はこちらのページから!

美白の意外な落とし穴!?皮脂中の遊離脂肪酸に注意?

この夏日焼け止めはこまめに塗り直していたのにも関わらず皮脂が出て、Tゾーンや頬の肌がゴワつき、くすみなどの肌トラブルを感じた人も多いのでは。

confused

夏の肌トラブルは皮脂と深い関係があります。

皮脂トラブルと言えばニキビや毛穴の詰まり等が挙げられますが、最近皮脂が及ぼす肌への新たな影響が明らかにされています。

それは必死の中に含まれる遊離脂肪酸が肌のゴワつきや、乾燥、くすみ、シミの原因になるという新事実が究明されたのです。

遊離脂肪酸とはどんな性質をもつ脂肪酸なのでしょうか。

遊離脂肪酸は、人の活動エネルギー源となるので、最近では体内で血液中の遊離脂肪酸を増やすとダイエットに効果的などと言われていますが、 皮膚においては肌トラブルの原因になると考えられているのです。

遊離脂肪酸とは主に4種類から構成される芝生の成分の1種となります。この割合が増加すると、肌内で炎症性物質を増やしメラノサイトを刺激し、その結果シミやくすみの原因となります。また肌のバリア機能を低下させて乾燥や肌のゴワつきの原因となったりするのです。

日焼け止めの効果が感じられない人

sunbathing

日焼け止めをしっかり塗っているのにシミができてしまうと感じている人も多いと思います。これが全ての要因とは言えませんが皮脂が、一因となりうることもありうるのです。

皮脂中の遊離脂肪酸の割合は気温が高くなるにつれて増えていくことが研究により判明しています。気温が高い今は特に皮脂による肌トラブルが深刻に。

今までの美白をレベルアップさせたい人は皮脂ケアを取り組む!?

一見美白とは関係のないように見える皮脂対策ですが、今年の美白は皮脂ケアも取り入れて、レベルアップしたシミ、くすみ対策を!

 

美白をした方が良い理由とは?!くすみを解消する方法

肌のトーンが暗い、肌のくすみがひどいと感じたときに、真っ先に手が出るのが美白効果のある化粧品。でも、美白化粧品だけではくすみには対処できません。くすみのタイプと、美白化粧品の選び方、くすみの改善方法について知っておきましょう。

newalifteyetreatment0317

■くすみには3つのタイプがある

血行不良・乾燥・角質層の肥大。くすみには、3つのタイプがあります。血行不良が原因のくすみは、顔色が悪く、不健康な顔色をしているのが特徴です。
乾燥が原因のくすみは、時間がたつにつれて肌の美白度が低下していくのが特徴です。朝起きたときは顔色が良かったのに、夕方になるとどんより顔に見える・・・なんていう人は肌表面が乾燥している可能性が高いです。

角質層の肥大が原因のくすみは、肌表面に不要な角質がたまっているのが特長です。分厚くなった角質のせいで肌の透明感が無くなっています。美白アイテムを使っても角質層が邪魔をしてしまい、なかなか成分が浸透しません。

■美白化粧品はどう選ぶ?

乾燥が原因の人は、保湿力が高いクリームタイプタイプの美白化粧品がおすすめです。血行不良が原因のタイプは、塗る時にマッサージしやすいテクスチャーのものを選びましょう。古い角質がたまっている場合は、さっぱりしたふき取りタイプの美白化粧品を選ぶようにします。美白効果のある化粧品を選ぶときには、自分のくすみタイプにあったテクスチャーのものを選ぶようにしましょう。

タカミスキンピーリングは肌の不要な角質を落としてくれて、肌の代謝を上げてくれます。
肌の代謝をあげることで肌のターンオーバーを正常にしてくれ、くすみやシミの改善にもつながります。

pealing

■美白に近づく!くすみの改善方法

血行不良が原因のくすみの場合は、美白化粧品を使うことよりも、体の代謝を高めることの方が大切です。カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ニラや生姜などの体を温める食材を意識して摂取しましょう。代謝が高まれば、美学アイテムに頼らなくても顔色が良くなりますよ。
umesyoubancha

くすみは冷えを改善するだけでかなり改善が見込めます。
梅醤番茶は体の内側から温めてくれる効果があり、代謝アップにもつながります。梅を潰したペースト状のものをお湯に溶かして飲むだけとお手軽なのもいいですね。
やや塩気がありホッとする味のお茶です。

乾燥が原因のくすみは、朝晩のスキンケアで徹底的に保湿します。乾燥を防ぐ為に化粧水だけたっぷりつける人がいるのですが、肝心なのは、水分を肌にとどめる保水力。美白化粧品の成分をチェックして、セラミド配合のものを選ぶようにしましょう。

角質層の肥大が原因のくすみには、週に1度のピーリングや酵素洗顔が効果抜群。古い角質を取り除いてあげるだけでくすみがなくなり、美白効果が期待できます。

■おわりに

肌のくすみを取るために効果的なのが、タイプ別の美白ケア。まずは自分のくすみタイプをチェックしましょう。美白化粧品のテクスチャーにこだわって選べば、短期間でくすみの改善が目指せますよ。まずは2週間、続けてみましょう!